ネタ集めが決め手!LINEスタンプの制作のコツ

  • -

ネタ集めが決め手!LINEスタンプの制作のコツ

LINEスタンプはネタ性が決め手です

今は誰でもLINEスタンプを作れて、申請して審査に通れば販売できてしまいます。一攫千金を夢みる人も多いかと思いますが、今や人気のコンテンツなのでなかなか売れるスタンプを作ろうと思うと難しいです。可愛い動物のスタンプはもうあふれるほどに販売されているため、今さら可愛い系のスタンプをいくら作ったところでさほどブレイクは期待できないでしょう。目新しい、クスッと笑えるようなスタンプを考える必要があります。

スタンプで方言ネタは鉄板

人気のジャンルに方言ネタというのがあります。大阪弁、京都弁、北海道弁などいろいろな地方の方言をネタにしたスタンプはどれも売れ行きが好調のようです。方言というのは多様性があるため、同じ県内でも地方によって変わりますから、それを狙っていくのも手です。そして、その地方の人には人気が出ますし買ってもらえる可能性も上がるので、作ればある程度売れるジャンルだと言っていいでしょう。ちょっとマニアックな地方の方言を狙ってみましょう。

言いにくいことを可愛く伝えるスタンプが人気

既読なのに無視された場合に送る、というコンセプトで制作されたスタンプが爆発的に売れたことがありましたが、このように言いにくいことを伝えられるスタンプというのも人気です。何となく冗談で済まされますし、本心も伝えることができるのでスタンプが重宝されるのです。普段自分がLINEでイラッときても言えないようなことを書き出しておき、ネタとして書き溜めておくといいでしょう。「あるある!」と共感されれば、爆発的に売れるかもしれませんよ。

LINEスタンプは有料のものと、無料のものがあります。無料で手に入れるには、友達登録やスタンプのおまけつきの商品の購入などを行う必要があります。