最新のホームページデザインで必要な要素とは?その内容を解説!

  • -

最新のホームページデザインで必要な要素とは?その内容を解説!

スライドショーは質が高いと評価される

ホームページの内容の中にはスライドショーと呼ばれる画像が入れ替わるデザインがありますよね。このスライドショーを扱っているホームページの多くは、何かしらビジネスを展開している企業の内容です。多くの方がスライドショーを扱っているホームページを利用する事によって、お金を支払って得るサービスだと言う認識が高まり、質の高い内容だと判断される可能性もありますよ。スライドショーを制作するには、一般の人がホームページ制作ソフトを購入すれば直ぐに出来る内容では無いため、多くのホームページと差別化ができるメリットがありますよ。

ワイド画面に合わせたデザインが魅力的

従来のパソコンの多くは、ディスクトップ型と呼ばれるモニターとパソコンが別々の内容がほとんどでした。ノートパソコンが普及する中で、差別化として現れたのが従来よりも画面が大きいワイド画面によるノートパソコンの誕生です。ワイド画面によるノートパソコンが普及して行く中で、ホームページもワイド画面に合わせたデザインが現れてきました。テクノロジーの進化にによりテレビもワイド画面になって行く中で、インターネットの利用ができるテレビも普及しつつありますよね。従来の大きさに戻る事は無いとも言えるため、これから先はワイド画面に合わせたデザイン制作が重要であり、より魅力的に見せるためには必須の内容と言えるでしょう。

出来るだけ縦長に大きく作るデザイン

従来のホームページの多くはPCから見るために制作されていた事が一般的ですよね。現在は、スマートフォンからのユーザーも多くいまして、スマートフォンユーザーに配慮をして制作する必要性がありますよ。スマートフォンユーザー向けに振り分ける方法もありますが、スマートフォンユーザーの中にはPCから見る内容と同じ内容を求めている方もいます。その中で従来の内容であれば、サイドバーに設けるリンクが扱いにくくなる可能性もあります。又、縦長のコンテツは、そのページに対する情報が豊富に含まれている様に見せる事も可能になるため、質の高い内容だと評価してもらう可能性がありますよ。検索エンジンはユーザーの滞在時間を評価の一つとして扱っているとも言われるため、縦長のデザインは滞在時間を伸ばすと言うSEO的にも優位に働いてくれる可能性があると言えるでしょう。

アクセスを行った画面のサイズによって、レイアウトが自動的にチェンジするデザインのことをレスポンシブウェブデザインといいます。