インターネットによる風評被害対策はどうする?

  • -

インターネットによる風評被害対策はどうする?

インターネットの匿名性のデメリットとは

1990年代後半から世界中に広がり始めたインターネットは驚異的な革命を起こしましたね。一つの国の中で知らない人とつながることが出来たり、画像や動画などを見ることが出来たり、ビジネスをして生活をすることが出来たりと様々な計り知れないほどのメリットがあるのです。インターネットによって良い意味で人生が変わったという人も多いのです。その一方で多くの問題を孕んでいるのも事実です。インターネットの問題のひとつとして有名なのは匿名掲示板などによる風評被害です。

匿名性ゆえに問題がある

インターネットの掲示板はインターネット上でつながっている顔も知らない人の書き込みを閲覧することが出来るだけではなく、自分も書き込むことができるという点で評価は大きいですが、ほとんどの掲示板は名前欄が匿名もしくはハンドルネームになっており、書き込む側の正体を知ることが出来ません。正体がわからなければ人と目の前で話すの違い、タガが外れたようになってしまい、平気で中傷や批判を書く人が多いのです。そしてこれによって風評被害が生まれるのですね。

風評被害対策をするには?

風評被害がインターネット上で生じた場合、どのように対策をしたらいいのでしょうか。風評被害とは事実ではなく、事実無根のことをインターネットで書き込みされて、自分が被害を受け、損失を生じている状態です。インターネットの情報はごく少数しかいない掲示板であれば別ですが、世界中から不特定多数の人が閲覧することが出来るため、まずは掲示板の所有者に連絡をし、削除依頼することが大事になりますね。ただ、余程ひどい時にはいきなり裁判すると訴えることも可能です。

風評被害対策は、検索エンジンを含めて、ネット上で情報が目につきにくくすることが大切なので知識が必要です。